月別アーカイブ: 2014年12月

ピクノジェノール-|KENKOES山頂|

ピクノジェノール」についてのお話。

ピクノジェノールって慣れないと発音しにくいです。

ブドウの種子や松の樹皮から取れるんだそうな。

 

主な作用としては

  • 強力な抗酸化作用
  • 抗アレルギー作用
  • 血流促進作用

があげられます。

植物が自らを守るための物質ですから

いかに植物が強い生命力を秘めているかが

うかがい知れますね。

 

iherbでピクノジェノールサプリについて

書かれたレビューを見ると

  • アンチエイジング
  • 免疫アップ
  • 生理痛の軽減

などの声があがっています。

 

iherbのサプリのレビューは

時々目を通すのですが、

こんなによい評価の多いサプリは

初めて見ました。

特に女性の痛みに対して

有効だという声が

とても多いようです。

 

私も体調が悪い時に

免疫力アップを狙って

飲んで試してみたいと思っています。

どのような作用があるか

いずれこちらでご報告しますので

乞うご期待。

ピクノジェノール

2014-12-10 お知らせ

KENKOESサイトは

リニューアルを予定しています。

リニューアル完成までは

正直ブログに手が回りません。

ですので

しばらくは不定期更新となります。

毎週書くつもりではありますが。

 

KENKOESはパワーアップして、

もっと使いやすいサイトとして

生まれ変わる予定です。

もちろんKENKOES山頂ブログも

同時リニューアルとなります。

 

どうぞ新生KENKOES誕生を

楽しみにお待ちいただければと思います。

できるだけ早く仕上げる予定です。

これからもKENKOESを

よろしくお願いします。

2014-12-10 冬 作者より

京都4-|KENKOES山頂|

京都についての第4回です。

まずは清水寺周辺です。

この日はあいにくの雨でしたが、

茶わん坂というお茶碗などのお店が

たくさん並ぶ坂を登っていきます。

茶わん坂-京都

 

茶わん屋さんがたくさん。

茶わん坂2-京都

 

いよいよ清水寺入り口へ。

清水寺1-京都

清水寺2-京都

 

随求堂です。

清水寺3-京都

お堂の下を菩薩の胎内に見立て

真っ暗な中を壁に巡らされた

数珠だけを頼りに進む

随求堂胎内めぐりを体験してきました。

心の生まれ変わりを体感出来る場所として

2000年に開設以来、人気だそうです。

真っ暗でちょっと怖いですが、

未知の体験で楽しかったです。

清水寺6-京都 

 

清水寺のなかでは、

修復なのか分かりませんが何か建築中でした。

清水寺5-京都

清水寺8京都 

清水寺9-京都

 

ここでも何か修復中。

清水寺10-京都

 

清水寺11-京都

 

そしていよいよ本堂と清水の舞台入り口へ。

清水寺13-京都

 

鉄の錫杖(てつしゃくじょう)と高下駄です。

昔の修験者から奉納された、90kg近い大錫杖と

14kgの高下駄です。

あまりに重いので「弁慶の錫杖と高下駄」

ともいうそうです。

私は高下駄はあがりましたが、錫杖は

ビクともしませんでした・・。

清水寺14-京都

力ありそうな人が挑戦してましたが

やはり動かず・・。

清水寺15-京都

 

本堂の中を見たのですが撮影は禁止。

出世大黒天像はなんとなく可愛らしかったです。

 

そして清水の舞台へ。

清水寺17-京都

清水寺18-京都

清水寺19-京都

遠くまで一望出来ました。

清水寺20-京都

 

清水寺21-京都

清水寺22-京都

清水寺23-京都

 

そこからいったん縁結びの神である

地主神社へ。

神仏分離で寺から独立したものが

多いそうですね。

清水寺25-京都

どれもなんだか若者向けな感じがします。

清水寺27-京都

若いカップルとかにきてほしいんでしょうね。

清水寺29-京都

清水寺30-京都

 

ここから降っていきます。

清水寺31-京都

 

中距離からみる清水の舞台はとても絵になります。

清水寺33-京都

京都タワーも見えていますね。

清水寺34-京都

清水寺36-京都

なんだか精巧なミニチュアみたいですね。

清水寺38-京都

清水寺39-京都

 

清水寺40-京都

清水寺41-京都

清水寺42-京都

清水寺43-京都

お茶屋さんの横を通り

清水寺44-京都

清水寺45-京都

 

自分もちょっと休憩。

舌切り茶屋でお茶と和菓子。

清水寺を堪能しました。

清水寺49-京都

清水寺47-京都

清水寺48-京都

 

ここから清水坂をおりて戻ります。

清水寺53-京都

清水寺55-京都

 

そして三年坂へ。

三年坂1-京都

 

こんな感じの楽しそうなお店がたくさん。

ここは七味唐辛子のお店

おちゃのこさいさい」です。

三年坂2-京都

これはイノダコーヒー本店。

昭和15(1940)年創業の

老舗コーヒー専門店。

町家のような外観とは対照的に、

内部はサロン風。

創業当時からのスタイルを守り、

ネルドリップ式でいれる

コーヒーやケーキが味わえるそうな。
[ぐるなびより引用] 

三年坂3-京都

 

三年坂6-京都

 

坂を逆から見るとこんな感じ。

三年坂5-京都

 

そして二年坂へ。

二年坂1-京都

二年坂2-京都

路地裏なのか横道なのか分かりませんが

こういう道がいい感じでした。

二年坂3-京都

二年坂4-京都

ちょうど京都駅上でよさこいをやっていて

こういった方たちにたまに遭遇しました。

二年坂6-京都

 

そして京都といえば豆腐料理。

きょう坂」でお昼。

二年坂7-京都

古民家を改装した作りで

味があります。

二年坂8-京都

二年坂12-京都

二年坂13-京都

二階からの眺めも面白い。

二年坂10-京都

二年坂11-京都

料理も美味しかったです。

 

最後は京の台所、錦市場へ。

錦市場1-京都

 

和菓子やお惣菜屋さんなどがたくさん。

錦市場2-京都

錦市場3-京都

錦市場4-京都

錦市場5-京都

錦市場7-京都

錦市場8京都

錦市場9-京都

錦市場10-京都

錦市場11-京都

京都の魚屋さんは「川魚」屋というらしい。

錦市場12-京都

錦天満宮でゴール。

錦市場13-京都

錦市場14-京都

 

ざっとこんな感じで京都を満喫しました。

かなり和の雰囲気を堪能でき

よい旅となりました。

大人の今だから、

京都の良さが身にしみる感じです。

 

また近いうちに行きたいと思っています。

京都3-|KENKOES山頂|

 京都についてのお話の第三回。

永観堂は登ったり降りたりの

楽しいところでした。

永観堂1-京都

永観堂2-京都

永観堂3-京都

永観堂-京都

永観堂5-京都

永観堂6-京都

 

ここからだんだん上へ登っていきます。

永観堂7-京都

永観堂8-京都

永観堂9-京都

永観堂10-京都

 

重要文化財「みかえり阿弥陀如来」を見る。

撮影禁止のため写真がないのが残念。

永観堂11-京都

永観堂12-京都

永観堂13-京都

永観堂14-京都

永観堂14-京都

永観堂15-京都

永観堂16-京都

永観堂17-京都

永観堂18-京都

eikando19.JPG

eikando20.JPG

 

そのまま、ほぼ同じ敷地内で

すぐ近くにある南禅寺へ。

南禅寺1-京都

南禅寺2-京都

 

ここが三門で、拝観料を払って上に登れます。

南禅寺3-京都

南禅寺4-京都

南禅寺5-京都

南禅寺6-京都

南禅寺7-京都

南禅寺8-京都

南禅寺9-京都

 

現在も水源として使われている

疎水の一部である水道橋

赤レンガの古びた感じが歴史を

感じさせます。

南禅寺10-京都

南禅寺11-京都

南禅寺12-京都

 

そして南禅院へ。

京都の三名勝史跡庭園の一つで

亀山天皇の離宮の遺跡です。

南禅寺14-京都

南禅寺15-京都

南禅寺16-京都

南禅寺17-京都

南禅寺18-京都

南禅寺19-京都

南禅寺20-京都

南禅寺21-京都

南禅寺22-京都

南禅寺23-京都

 

ここから最勝院へ。

最勝院駒道智大僧正の霊地です。

南禅寺24-京都

南禅寺25-京都

 

縁結びの松

南禅寺26-京都

 

南禅寺と永観堂は、若いお坊さんが

たくさん案内係をしていて

観光客も多くひっそりと楽しむものでは

ないですが、メジャーなので

一度は見ておいてもよいかもしれません。

 

個人的には永観堂の門からの

景色がよかったです。

次は清水寺へ。