大腰筋

今日は「大腰筋」について。

猫背を矯正するには、いぜん紹介した書籍

仙骨姿勢講座」でとりあげられているように

・あごをひく(頚椎の開放)
・胸を開いて肩甲骨をよせる(肩甲骨の開放)
・おしりをキュッと引き締める(大殿筋)

といった動作の連動が大事になってきます。

それに加えて大切なのが大腰筋なのです。

大腰筋

 

大腰筋は長時間のデスクワークだけで

運動などをしないと、凝ったまま

固まっていきます。

もちろん座った状態での凝りですから

座った時の腰のカーブにそって曲がった

状態で固まるわけです。

これが立って歩くときも続いてしまうのです。

立っていても何をしても、常に座った時の

コリを引きずりながら生活することになるのです。

これは相当息苦しく邪魔です。

 

立っていて脚がそれほど疲れていなくても

疲れたような気持ちになって

すぐ座りたくなってしまいます。

体がそういう形に固まっているので

そこに戻りたがるのでしょう。

 

この悪循環を解消する効果的な第一歩は

この大腰筋を鍛えること。

ストレッチはもちろん大事ですが、

私が思うに、凝りが過度に進んでいたら

ストレッチよりも筋トレするほうが

修正が早いし、効果的だと思います。

ストレッチでは圧が弱すぎるというケースも

多分に考えられます。

 

もちろん最初はかんたんで負荷も少なくて

よいですから、継続してトレーニングすること。

トレーニング+ストレッチがもっとも理想的です。

今日紹介する書籍

新・大腰筋ダイエット

にはかんたんな大腰筋のトレーニング方法などが

図解で多く載っていますから、

手軽にたのしくできるかと思います。

 

私のオススメは定番ですが

あおむけに寝て、脚を股関節を起点に90度まで

上げたり下げたりするもの。

これも大腰筋のトレーニングになります。

けっこうスッキリして気持ちいいですから

まずはやってみてください。

新・大腰筋ダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。