カテゴリー別アーカイブ: サプリ

サプリメントの紹介

メラトニン

今日はメラトニンについて。

メラトニンというと、睡眠薬のかわりに

使うというような認識の人もいるかと思います。

アメリカでは気軽に買える睡眠導入サプリですが

日本ではかんたんに入手できません。

買うとすればネットでの個人通販でしょうか。

 

睡眠導入剤と違って依存性や副作用などの

リスクがほとんどないので睡眠薬なんて

要らないですね。

 

メラトニンはアミノ酸のトリプトファンから

合成されます。

トリプトファンは肉に多く含まれていますから

肉、魚をしっかり食べていればトリプトファンが

まずセロトニンにかわり、これが神経作用として

前向きな気持ちを作ってくれます。

次にこれが眠気を催すメラトニンに変わるわけです。

肉、魚を食べるだけで多幸感がおこりよく眠れるなんて

単純で分かりやすいですね。

でもそれだけではないのです。

メラトニンにはもっとすごい作用もあるのです。

 

それが強い抗炎症作用。

臨床栄養士佐藤章夫氏のブログ

臨床栄養士のひとりごとによると、

黄斑変遷症子宮内膜症の症状緩和に

メラトニンが有効だそうな。

黄斑変遷症といえばタバコを吸う人に多く

加齢とともに眼が見えにくくなる症状ですが

これもしっかり肉、魚を食べることで対応できるかも。

 

子宮内膜症はもちろん女性の症状ですが

痛みや月経困難に対して4割ほどに効果が

あったそうです。

 

これらを通して思うのは、人間の体って

よくできているなということです。

眠気をもよおしたら寝ようと思うわけですが、

そのサインに従えば体の修復も同時にプログラムに

入っているわけです。

もちろんしっかりと肉、魚を食べるという前提はありますが。

まずはしっかりタンパク質をとって眠くなったら

よく寝る生活をためしてみてくださいね。

 

サプリとしてメラトニンを取りたい場合、

5-htpをのんでもよいかと思います。

5-htpはトリプトファンのことですから、

最終的にメラトニンに変わりますので。

しかもセロトニンも過程で作ってくれますから

精神的にもプラスの作用があります。

ただメラトニンに変わるのに

少し時間がかかりますから

寝る時間の3,4時間前に飲むとよいかもしれません。

5-htp

パルミチン酸アスコルビル

今日は「パルミチン酸アスコルビル」について。

ビタミンCは抗酸化サプリの定番であり

人間が体で作ることのできない成分ですから

積極的にとりたいもののひとつです。

タンパク質の吸収率をあげてくれるので

肉料理にはかかせませんね。

トンカツにレモンが一切れついているのも

納得です。

 

ただ、ビタミンCは水溶性であり

全てが吸収されるわけではありません。

また摂取量によって吸収率も変わってきます。
(一度にとる量が多いと吸収率は下がります)

1000mgで7割程度の吸収率に下がりますから

上限は1000mgくらいが費用対効果で適当かも

しれません。

3000mgとか一度にとってしまうと

吸収率は30%ほどに下がってしまいますので要注意。

ビタミンCの性質について [丹羽クリニックより引用]

 

これが脂溶性であるなら話は変わってきます。

脂溶性だと体内の脂肪中に蓄えることができるため

継続的にほとんど全ての量を

使うことが可能になります。

ビタミンCは脳や内臓にも蓄えられますから

蓄える量が高いほうが抗酸化力が高まるわけです。

 

「パルミチン酸アスコルビル」は脂溶性のビタミンC。

ビタミンCを積極的にとりたい人におすすめします。

Now Foods, パルミチン酸アスコルビル、
500、100Vcaps

は値段も高くないので気軽にためすことができます。

ビタミンCは大事です。

Ascorbyl Palmitate

ラクトフェリン

今日はラクトフェリンについて。

私もパソコンの前にいる時間が長いので

眼精疲労はいつもあります。

1時間毎に休憩なんて無理だしなぁ・・。

ディスプレイの明度を下げて

ブルーライトカットのアプリもいれていますが

それでもやはりドライアイで目の周りの筋肉が

緊張しているのが分かります。

 

やはり

  • 一定時間ごとに体を動かす
  • 定期的に遠くを見たり眼球を回して休める
  • 深呼吸する 

といったことをまず守るしかないわけですが、

 やってみてもダメだとかどうしても出来ない場合、

サプリの力をかりる他ありません。

 

私のオススメはラクトフェリンです。

ラクトフェリンは母乳などに含まれる物質で

様々な効能をもっています。

  • 抗酸化作用
  • 免疫活性作用
  • 脂質代謝改善効果
  • 歯周病改善効果
  • 整腸効果 

他にも色々な効果があり

「免疫力のデパート」

のような存在でしょうか。
辻元 清美議員、がんばってください)

 

その効果の一つに

「結膜粘膜の修復と涙腺の若返り」

があるのです。

もともとラクトフェリンは

涙に多量含まれています。

疲れるとあくびがでて同時に涙が出ます。

人間には自分の体を整える機能が

すでに備わっているようです。

 

ラクトフェリンの眼に対する効果は

以下の通りです。

  • 眼精疲労
  • 加齢性網膜黄斑変性症
  • 緑内障
  • 白内障
  • ドライアイ
  • 老視 

[東京医科歯科大学 山下靖雄 から引用]

 

現場の眼科医のブログからも

現場の眼科医が点眼液とともに

ラクトフェリンサプリを処方している様子で

ラクトフェリンの眼への効果が伺えます。

 

今回おすすめするのは

Jarrow Formulas, Lactoferrin, 250 mg, 60 Capsules

こちらのサプリは1カプセルにラクトフェリン250mg含んでいます。

眼精疲労だけでなく思わぬ副次効果がありそうな

ラクトフェリン。

PCワークの方におすすめです。

ラクトフェリン

今日は鉄について。

鉄(iron)は主に動物性のタンパク質から摂取できますが

最近は肉を食べない女性が多いようです。

また女性は特有の生理現象により

男性よりも排血などによって鉄が不足しがち。

 

これに加えて、腸のためになるとの理由で

野菜を食べて食物繊維ばかりとっていると

デトックスになるのかもしれませんが

良質ミネラルも同時に排出・吸収阻害されてしまい

よけいに鉄は吸収できなくなります。

 

さらには、コーヒーや紅茶などを多飲することによる

鉄とタンニン同時摂取での吸収阻害もみすごせません。

 

このようにあまり意識しないで生活していると

現代においてはかんたんに鉄不足になってしまいます。

 

血液検査で鉄不足ではないと判断されても

一般的にはヘモグロビン値のみで判断されることが

ほとんどです。 (2015年4月現在)

しかしヘモグロビン値が規定の範囲でも

ダルさや貧血症状がある方は多くいるようです。

こういう方は、体内の貯蔵鉄である

フェリチン(血清鉄)が低下している可能性が。

こうした状態を「かくれ貧血・かくれ鉄不足」としてとりあげた

記事を最近ちょこちょこ目にするようになりました。

もっとかたい言葉で言えば「潜在性鉄欠乏」だそうです。

貯蔵できる量は、フェリチンの基準値から判断します。

  • 男性:20〜280 ng/ml 
  • 女性:5〜157 ng/ml(RIA法)

[ベストメディテクより引用]

157とか280というのは相当に高い値です。

吸収の良い鉄サプリなどを毎日30mgぐらいとったとしても

数ヶ月から数年かかるような値と私は思います。

またこの値からも女性はフェリチンが男性よりも

圧倒的にあがりにくいことが見てとれます。

 

思い当たる方は一度血液検査をすることが一番です。

隠れ貧血の可能性があるといえば検査してくれる

病院もあるそうですが、保険がきくかは

医師の判断次第でしょう。

 

もしフェリチンが低く、100以上にしたい場合

肉やレバーなどの食事がメインとなります。

豚レバーや鶏レバーは吸収率が高いヘム鉄

多くとれるため特におすすめです。
(5〜6倍高いといわれています)

植物性の鉄は吸収量が低く、食物繊維により

鉄の排出機能が働くのでおすすめできません。

 

また、大幅にフェリチンが低い方は同時にサプリで

鉄を摂取することをおすすめします。

肉やレバーの食後に飲むイメージです。

吸収率の高いヘム鉄サプリがおすすめですが、

質が良くてやすいものはあまりありません。

そこでキレート加工して吸収力をあげた鉄サプリを

おすすめします。

 

キレート鉄は日本国内では法律の関係で

販売できないようですので

iherbからの購入をおすすめします。

最近のキレートでは「フェロケル鉄キレート」が

もっとも吸収力が高いようです。

これをビタミンB12,Cや葉酸とともにとることで

さらに吸収力がアップします。

トンカツなどにレモンがついてるのは意味があるんですね。

 

今回おすすめする

Source Naturals, アドバンスト・フェロチェル, 180 錠

はタブレットですから、半分に割ったりして

一回あたりの量を調節できます。

鉄は胃腸の吸収力が低いと気分が悪くなったりすることも

たまにあるようですので

その時は量を減らしていって適量をみつけるといいでしょう。

 

なお、鉄の一日あたりの上限量は年齢や性別によって異なりますが

成人だと40〜55mgくらいです。
[glico栄養成分ナビゲーターより引用]

フェリチンが低い方はこの上限値を目安に適量をみつけると

よいでしょう。

 

鉄過剰症が気になる場合、摂取量が該当性別や年齢の

上限値を超えていないか、

またフェリチンが十分高くなっているかを

チェックしておけば問題はないと思われます。

自分の体に聞きながら適量を出来る範囲でとっていくと

よいかもしれません。

advanced ferrochel

ピクノジェノール-|KENKOES山頂|

ピクノジェノール」についてのお話。

ピクノジェノールって慣れないと発音しにくいです。

ブドウの種子や松の樹皮から取れるんだそうな。

 

主な作用としては

  • 強力な抗酸化作用
  • 抗アレルギー作用
  • 血流促進作用

があげられます。

植物が自らを守るための物質ですから

いかに植物が強い生命力を秘めているかが

うかがい知れますね。

 

iherbでピクノジェノールサプリについて

書かれたレビューを見ると

  • アンチエイジング
  • 免疫アップ
  • 生理痛の軽減

などの声があがっています。

 

iherbのサプリのレビューは

時々目を通すのですが、

こんなによい評価の多いサプリは

初めて見ました。

特に女性の痛みに対して

有効だという声が

とても多いようです。

 

私も体調が悪い時に

免疫力アップを狙って

飲んで試してみたいと思っています。

どのような作用があるか

いずれこちらでご報告しますので

乞うご期待。

ピクノジェノール

リポソームビタミンC-|KENKOES山頂|

リポソームビタミンCのお話。

日本でビタミンCに一番興味をもっているのは

どんな人たちなんでしょうか。

病気がちの人か、高齢者でしょうか。

どうも現状は違うようです。

 

美容に関心をもつ女性がいわゆる「美白

目的で興味をもつケースが多いようなのです。

 

調べてみるとビタミンCは強い高酸化作用で

メラニンの産生を抑え肌のシミやそばかすを

防いだり除去する作用があるようです。

 

なかでも美容に強いこだわりのある方は

美容関係のクリニックに出入りするケースも

多いと思われます。

そういった女性の間で人気のあるビタミンCを

紹介したいと思います。

 

LivOn Laboratories, Lypo-Spheric Vitamin C

リポソームと呼ばれる細胞でビタミンCを

覆うことにより体の中に効率的に運搬・吸収できる

高機能なビタミンCです。

 

栄養素の吸収は形状により異なります。

——————————————————
米国のPFD(Physicians’ Desk Reference,
NPPDR No. 18:676, 1997.)
のデーターから液体と固形の
吸収率について説明します。

PFDの報告では栄養素の吸収は
その形状によって異なり
以下のような数値が出ています。

  1. タブレット:10%
  2. カプセル:20%
  3. ソフトジェル:30%
  4. 皮膚からの経皮:45%
  5. 舌下(液体):50%
  6. 筋肉注射:90%
  7. 舌下(ミスト):95%
  8. 静脈注射:100%

[臨床栄養士のひとり言より引用 ]
——————————————————

リポソーム化した場合の吸収率は

なんと98%に達するそう。

これは点滴などの筋肉注射を上回る数値です。

タブレットやカプセルのビタミンCの

5倍以上に相当すると考えられます。

 

これだけの高い吸収率だから

美白を強く望む女性に高い支持があるんですね。

 

私は美白には興味がありませんが

ひどい風邪を引いたりすることがあれば

このリポソームビタミンCを試してみよう

と思っています。

 

ビタミンCの高濃度点滴なるものもありますが

その前にリポソームビタミンCを試してみたほうが

リーズナブルでよいかもしれません。

 

ただし残念なのは「味」で、

マズいと定評があるようです・・。

水や薄めの飲み物に溶かして

空腹時に一気に飲むことをオススメします。

 

また保存のために少量のアルコールが

入っているようですので

パッケージをあけてから15分程空気にさらした後に

飲むとアルコール分はある程度揮発するそうです。

 

飲まないで済むならそれが一番ですが

ケースバイケースで臨機応変に、です。

LivOn Laboratories, Lypo-Spheric Vitamin C

冬こそビタミンD-|KENKOES山頂|

冬こそビタミンDをとりましょうというお話。

冬になると太陽がでる機会もへり、

どうしても日向ぼっこが難しくなります。

なんで日向ぼっこするのか?

それはビタミンDを生成するためです。

 

ビタミンDは、

「免疫力を高め、ホルモンとして働く成分をつくり、
丈夫な骨・筋肉を作る」

はたらきがあります。

私は現在、一日おきに5000IUのビタミンDを

とっています。

たまに何日かとらないこともありますが。

 

以前はよく口の端が疲れたりすると

切れていましたが今はほとんどありません。

免疫や筋肉も今のほうが安定しています。

 

もちろん、太陽を直接あびれるような気候の

地域に住んでいるなら、

飲む必要はそれほどないでしょう。

しかし、日照の少ない国ではビタミンDを

とる人々はとても多いそうです。

ビタミンDのサプリはそれほど高くないので、

気軽に始めることが可能です。

 

ただし、関節や骨が少し痛むことがあったら、

過剰摂取が考えられるため

摂取量や頻度を減らすとよいそうです。

冬に向けての準備、はじめていますか?

脳とホスファチジルセリン-|KENKOES山頂|

脳を活性化するサプリ、

ホスファチジルセリン」を紹介します。

 

ホスファチジルセリンをとると、

脳の細胞は、エネルギー源のブドウ糖

効率的に取り込み活性化し血流をよくします。

ほかにも以下のような効果があると

いわれています。

DHA/EPAとあわせてとると、

脳機能の向上が期待できると思います。

一日200mgほどとるとよいでしょう。

ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリン

COQ10と歯周病-|KENKOES山頂|

以前このブログでもCOQ10が歯周病に効くことを

お伝えしました。

その際は歯茎にちょくせつ塗ることを

提案したのですが、

普通に飲んでも効果が十分ありそうです。

———————————————————–
カネカは、日本大学歯学部歯周病学講座の
菅野直之准教授と共同で、
還元型コエンザイムQ10(以下、還元型CoQ10)
に歯周病に対する口腔内環境を改善する効果
があることを、
ダブルブラインド法によるヒト臨床研究で
確認した。
カネカ、還元型コエンザイムQ10に
歯周病に対する口腔内環境を改善する
効果を確認

———————————————————–

1日150mgの還元型COQ10をとることで

口腔内の環境が改善することが強く

示唆されたそうです。

 

実際、150mgよりも多くとることで

より効果を上げられそうですが、

効果のある上限値はまだ調査中です。

 

COQ10は普通のもののほかに、

還元型COQ10というより効果的な

ものがあります。

還元型COQ10は日本のカネカが開発したもので、

アメリカなどで売っている還元型のCOQ10には

「COQ10 KANEKA quality」

など、カネカの文字が必ず入っています。

還元型のCOQ10のほうが体の中で効率的に

使われるのです。

—————————————————-
従来のサプリメントに使われているCoQ10は、
ほとんどが“酸化型”と呼ばれるものでした。
しかし、私たちの体内にあるCoQ10の大半は
“還元型”と して存在します。
そのため、酸化型のCoQ10が本来の力を
発揮するためには、
一度体内で還元型に変換(還元)される
必要があるのです。

還元型に変換する力は、
年齢とともに低下していきます。
そこでカネカは、長年の研究と特殊技術により、
世界で初めて高純度還元型CoQ10の大量生産技術
を確立しました。
カネカ 酸化型と還元型について 
—————————————————-

日本で買うとカネカ社のものしかないので

すごく高いのですが、

iherbなどでアメリカのものを買うと

とても安いです。

日本の特許みたいなものはアメリカでは

関係ないんでしょうか。

驚くほど値段が違います。

しかし中味はいっしょ。

 

日本はサプリメントが全部高すぎます。

その割に検査基準などがあいまいで、

値段相応の品質があるかは

多いに疑問の余地あり。

 

アメリカは検査が厳しいので、

偽装などは難しいでしょう。

サプリはiherbで買うことをお勧めします。

 

しかもこちらのCOQ10はnon-GMO

遺伝子組み換え材料を使用していません。

安心して使えるサプリです。

 

COQ10 100mg

COQ10 100mg

歯周病とトローチ-|KENKOES山頂|

歯周病対策にトローチというお話。

 

健康は口から・・という説を

聞いたことがあります。

歯周病を予防し、

口腔内の善玉菌の保護をとおして

免疫をあげるというものです。

そのために役立つトローチを紹介します。

 

Life Extension社の Advanced Oral Hygiene

BLIS K12(ストレプトコッカス・サリバリウス)と

バチルス・コアグランス (GanedenBC30)

の配合で、

虫歯・歯周病・歯垢の原因である

悪玉菌の増殖をおさえ、

炎症をふせぐ効果があります。

歯磨き後になめるとよいでしょう。

Life Extension, Advanced Oral Hygiene,

Life Extension, Advanced Oral Hygiene,

※薬事法の関係で以下の表を日本語に翻訳できません。
google chromeでみることをお勧めします。
日本語に自動翻訳してくれます。


 

商品説明
  • For Longer Life

Advanced Oral Hygiene

Advanced Oral Hygiene is an oral probiotic that provides the beneficial bacteria that can help block harmful bacteria that first develop in the mouth. This sophisticated oral probiotic therapy allows the healthy and naturally occurring organisms found in the body to out-compete the harmful bacteria.

Advanced Oral Hygiene contains BLIS K12 and Bacillus coagulans, a unique blend of two oral probiotics. BLIS K12 (Streptococcus salivarius) and Bacillus coagulans (GanedenBC30) organisms naturally survive in human tissue, maximizing their health-promoting potential and providing help with the regulation of inflammation and cell destruction caused by germs that originate in the mouth to promote oral health.

Regular use of Advanced Oral Hygiene could make a significant impact in protecting oral health, which in turn can strengthen the immune system, ease inflammation, and help the body maintain good health.

Advanced Oral Hygiene can offer relief and modulate the body’s inflammatory response, making these “good” microorganisms found in the BLIS K12 and GanedenBC30 strain the ideal candidates for easing inflammatory conditions in the body.

In combination with a rigorous oral hygiene regimen, Advanced Oral Hygiene provides the body with beneficial bacteria to naturally help protect the immune system and block bacteria from colonizing throughout the body.

用法・用量

Read the entire label and follow the directions carefully prior to use.

Dissolve one (1) lozenge in mouth once or twice daily, or as recommended by a healthcare practitioner. For best results, use after your oral hygiene program.

その他の原料

Xylitol, mannitol, microcrystalline cellulose, natural spearmint and cherry flavors, stearic acid, maltodextrin, stevia extract, silica, croscarmellose sodium, vegetable stearate.

Contains milk.

警告
  • Keep out of reach of children.
  • Do not exceed recommended dose.
  • Do not purchase if outer seal is broken or damaged.
  • Please consult with your physician if you are undergoing treatment for a medical condition or if you are pregnant or lactating.

Store tightly closed in a cool, dry place.

Supplement Facts
Serving Size: 1 Lozenge
Amount Per Serving % Daily Value†
Calories 5
Calories from Fat 0
Total Fat 0 g 0%
Cholesterol 0 mg 0%
Sodium 0 mg 0%
Total Carbohydrates <1g 0%
Dietary Fiber 0 g 0%
Sugars 0 g
Protein 0 g 0%
Probiotic Blend:
GanedenBC (Bacillus coagulans GBl-30, 6086) and Streptococcus salivarius K12 (supplying 575 million CFU at time of manufacture)
10 mg **
**Daily Value not established.
†Based on a 2,000 calorie diet.