カテゴリー別アーカイブ: 国際

高円寺 びっくり大道芸2014-|KENKOES山頂|

4月27日(日曜日)に高円寺で開催された

びっくり大道芸を見てきました。

 

高円寺のいくつかのメインストリートに

なんだか変わったカッコの人が何やら

やっているのかなというイメージを

勝手に持っていましたが、

もっと小規模な感じかと

思っていました。

 

実際はけっこう人だかりがすごくて

高円寺の勢いを感じました。

 

駅前でやたら脚の長い方々がたくさんおられ、

鶏人間やらエルビスプレスリーやら

バレリーナまでさまざまな人種(?)が。

 

鶏人間さんは完全に鶏になりきっていました。

鳴き声まで鶏そっくりでしたが、

近くで見ると頭がやかんでした。

この方はnani-sole(ナニソレ)さんというそうです。

 

駅前でパペットコメディなるものを見ましたが、

こちらは話術が達者な「ファニーボンズ

けーぼーさん、顔芸がすごいクリスさんが

かなり笑いをとっておりました。

クリスさんのキメ顔は写真にのせましたので

ぜひ堪能してくださいね。

 

中国雑技芸術団の一輪車芸も楽しかったです。

団長(たぶん中国人)のおじさんが

いわゆる

「中国人がしゃべる片言の日本語風」

でしてそれも面白かったです。

 

女性陣は近くでみると筋肉がすごくて

「さすが雑技団だなー」

と皿をあたまにうまくのせる芸を眺めつつ

楽しげな雰囲気を味わいました。

 

他にも金粉ショーなどもあったようで、

来年に見れるといいな。

ハッピーゴリラ

ハッピーゴリラ

nani-kore

nani-kore

FUNNY BONES

FUNNY BONES

中国雑技芸術団

中国雑技芸術団

タイムバンク-|KENKOES山頂|

Q:「タイムバンクってなに?」

A:「お互いの能力と時間を交換する
新しいカタチの互助システム
弱者の援護に長年尽力し、
コロンビア大学などで教鞭を執ってきた
米国人法律家、カーン博士が創始」

個人のスキルで物々交換することなんですね。

アメリカではタイムバンクは浸透しつつあります。

現在は数百以上のタイムバンクがあり、

総会員数はおよそ1万5千人を超えるようです。

 

お金を使った経済は税金がかかります。

しかし物々交換では税金は必要ありません。

事例を見てみましょう。

———————————————————
最近、結婚した28歳のマリアさんは、
10年前に設立された
米ペンシルベニア州のタイムバンクに加入。

彼女は得意のスペイン語と
英語の能力を生かし、
病院での通訳やペットシッター、
送迎などのサービスを提供し、
少しずつ「タイムドル」を貯めてきた。

彼女は貯めた200タイムドルを使って
結婚式に必要なサービス・メイク・
ブライダルケーキ・写真撮影など
約2千ドルを節約し、 超低予算で
結婚式をあげることができた。

アメリカのメーン州では
ギターのレッスンや庭の手入れ、
カリフォルニア州ではヘアカット・
税務ヘルプ・アロマセラピー、
またミシガン州では児童ケア・パイプ修理 ・
ヨガレッスンなど多様なサービスが
紹介されている。
大紀元より引用
———————————————————

こうして見るとタイムバンクは

時間がある主婦が節約したり活躍できる

いいシステムですね。

また交換する人同士のコミュニケーションで

特に老後の方にとって

いい交流の場となりそうです。

 

タイムバンクに国の規制がかからないことを

何より願いたい限りです。

日本でもワーキングプア層が増えていますから

早くタイムバンクが浸透すると

世の中が明るくなりますね。

Bliive – Intro from Bliive on Vimeo.

ソチオリンピック-|KENKOES山頂|

今日から開幕したソチオリンピック

大きな社会不安をかかえた日本にとって、

スポーツのもつ純粋なパワーは、

新たな活力のもととなってくれることを

期待しています。

 

やはり注目は、女子フィギュアスケートの

浅田真央 VS キム・ヨナの最期の戦い

でしょうか。

これまで14戦でキム・ヨナ選手の

8勝6敗だそうです。

ともにこのソチオリンピック後に

引退を表明しています。

 

キム・ヨナさんは大舞台に強い

イメージがありますから、

今回は浅田選手にがんばってほしいです。

 

もうひとつ密かに注目しているのは、

男子フィギュアスケートロシア代表に選ばれた

プルシェンコ選手です。

もう31歳のベテラン選手なんですが、

きっと彼もソチオリンピックで

最期なんでしょうね。

 

以前、2002年カナダのグランプリファイナルの

エキシビジョンでみせた怪しいショータイムが

今も頭に残っています。

 

こうした演技はプロでもあるプルシェンコには

お手の物なんでしょうか。

今回もおもしろい一面をみせてくれるといいな。

ソチオリンピック、ちょっと楽しみです。