カテゴリー別アーカイブ: 楽しもう!

陶器

「陶器」について。

今日は何店か陶器屋を見て回りました。

手作りの陶器は落ち着きますね。

写真はある店に置いてあった、古い陶器です。

シンプルであまり最近みないような古さを

感じますが懐かしいような気もします。

こういう歴史をたどるのも

たまにはいいかもしれません。

陶器1陶器2陶器3

おきゅうと

今日は「おきゅうと」について。

「おきゅうと」って聞いたことありますでしょうか?

私は先日初めて知りました。

wikipediaによれば

——————————-
おきゅうとまたはおきうととは、
福岡県福岡市を中心に
食べられている 海藻加工食品。
「お救人」、「浮太」、
「沖独活」とも表記される。

成分の内訳は96.5%が水分、
残りのうちタンパク質が0.4%、
炭水化物が3%、
灰分が0.2%である。

すなわち栄養は高くないが、
独特の食感などが評価されている。
——————————–

というように、海藻からできている

寒天質の食べ物なんです。

主な原料は「エゴノリ」で紅いノリのようです。

それが緑っぽい「おきゅうと」になるのは

やや不思議です。

 

このおきゅうとですが、

夏の疲れた胃腸にピッタリです。

海藻からできていますから消化も良く

見た目も涼しげ。

冷やして食べれば暑い日のストレスも

とんでいきそうな爽快感があります。

酢味噌で食べると美味しいそうな。

博多では朝食のおかずとして

愛されているそうです。

 

じっさい食べてみるとさっぱりしていて

くせがなく美味しいです。

なんか砂糖なしの和菓子を食べているような

感覚です。

糖質もひじょうに少ないですから

健康上も問題なし。

 

ぜひ一度トライしてみてください。

おきゅうと

セブンカフェ

今日はセブンカフェについて。

最近ちょくちょくコーヒーを飲んでいます。

出先でも、ちょっとセブンイレブンをみつけると

レギュラーサイズのホットコーヒーを

100円払って飲むことが多いです。

 

セブンカフェのコーヒーは、客寄せ商品だと

いぜん耳にしました。

利益率は低いけど、客寄せのための

販促ツールだそうな。

たしかにその狙い通り、私もちょこちょこ

セブン-イレブンに行くようになりました。

他は水をたまに買うくらいですけどね。

 

味は100円にしては美味しいと思います。

どこでも気軽に楽しめるし。

 

他のコンビニも似たようなサービスがありますが

個人的にはファミリーマートはいまいちです。

どこも微妙に個性があるんです。

 

さらに困るのは違うコンビニでのオーダー時。

コンビニによってサイズなどの名称が異なるので、

たまにローソンで「ホットをレギュラーで」

とか言っちゃいますが、正解は

「ホットのSサイズ」なんです。

ファミリーマートだと

「ブレンドのSサイズ」。

微妙に違ってるのがややこしいです。

統一してくれればいいのに。

無理でしょうけど。

 

そんなコンビニコーヒーですが、

今セブンカフェでは5杯のんだら1杯ただでもらえる

キャンペーンを実施中らしいです。

ただし、セブンイレブンの電子マネーである

NANACOを使わないとダメで

期間は7月いっぱいに限るとのこと。

 

もう持っている人にはちょっとだけいい話です。

私はクロネコメンバーズカードがnanacoなので

それで買うことにします。

クロネコメンバーズカードも10%引きで

荷物が送れる便利なカードです。

会費や発行料もタダですから

作ってみてはいかがでしょうか。

今日は小さなお得情報をお届けしました。

コーヒー

ジム

今日はジムについて。

最近ジム通いをはじめました。

10年ほど前に通っていたことはありますが

本当にひさしぶりです。

 

当時とは違って今は体に対する知識も

増え、無駄なトレーニングがなくなって

楽しく運動しています。

 

一人でやるよりもいろいろな人の運動を

チラ見しながらやるほうがやる気も出ますし

楽しいです。

あの男性はパワー重視だな、とか

あの女性は持久力とダイエットかな、

などと想像しながら

自分の運動に集中する。

単純ですが面白いです。

 

マシントレーニングも今は知識があって

昔と違って、どういう用途のためにどういう風に

使えばよいか分かっているので無理をすることも

ありません。

 

運動後の食事も美味しいし。

しばらくは続けてみようかと思っています。

もっと快適な体にするのが目標です。

半年後が楽しみです。

ジムで運動

インデアンカレー

今日は「インデアンカレー」について。

たまーに街なかを歩いていると

カレーのいい匂いがすることがあります。

でも私は糖質制限しているので

お店ででてくる小麦粉とか果物たっぷりの

カレーはちょっと食べられそうにありません。

 

そんな私でもカレー風味が楽しめるのが

「インデアンカレー」のカレー粉なんです。

世界中の厳選した香辛料を焙煎・ブレンドした

カレー粉だそうです。

原料は香ばしい物が多いです。

原材料:ウコン、コリアンダー、チンピ、クミン、
メッチ、フェンネル、赤唐辛子、シナモン、ナツメグ、
クローブ、オールスパイス、ローレル、ジンジャー、
ブラックペッパー、ガーリック

 

もちろんこれをベースに小麦粉を混ぜれば

カレールーも作れます。

私はもっぱら肉にかけてカレー風味を楽しんでます。

臭みのあるレバーなんかは匂いを消しつつ

食欲をましてくれるので最適かも。

一度お試しください。

インディアンカレー

 

高円寺びっくり大道芸

今日は「高円寺びっくり大道芸」について。

2015年度も「高円寺びっくり大道芸」

を満喫しちゃいました。

高円寺びっくり大道芸入り口

なんか年々より楽しく感じるようになりました。

慣れてきたのかな?

 

歩きながらチラホラと色々目に入りました。

フェイスペイント

これはウォーキングフェイスペイントのミホウさん。

 

足長ウォーキングアクトMEI

こちらは足長ウォーキングアクトのMEIさん。

バレリーナでした。

が、今年はしっかり見たのは2つだけ。

 

一つ目は「ゴールデンズfrom大駱駝艦」。

金粉ショーです。

金粉ショー1

 

去年チラっとしか見れませんでしたが

けっこう独自の世界を作っていて

楽しかったです。

金粉ショー2

金粉ショー3

 

火を吹いたりして盛り上がっていました。

金粉ショー4

金粉ショー5

金粉ショー6

 

今年は女性が上に衣装を身につけていて

なにかクレームがあったのでしょうか?

全部見れましたが、去年のほうが個人的には

好きでした。

 

もう一つは

MC Fois feat Lorenzo Galli
( エムシー フォア フューチャリング ロレンツォ ガリ)

です。

これは正直、一番ヒットでした。

毛むくじゃらのバレリーナ。

 

 Lorenzo Galli

時々、「キーッ」と奇声を発します。

そして独特な髪型。

MC Fois feat Lorenzo Galli3

 

どこをとってもツッコみたくなります。

さすがプロです。

 

そして意外に(?)芸達者でした。

MC Fois feat Lorenzo Galli5

MC Fois feat Lorenzo Galli6

MC Fois feat Lorenzo Galli6

 

ゆるーい音楽に乗って色々やってくれるんですが

基本的に動きが面白かったです。

MC Fois feat Lorenzo Galli7

 

終わった後よくみたら、濃い顔ですが

けっこう男前でした。

髪型は変ですけどね・・・。

MC Fois feat Lorenzo Galli8

MC Fois feat Lorenzo Galli9

MC Fois feat Lorenzo Galli10

 

帰りにたまたま見ちゃったもので

見なければよかったと思ったのが一つありました。

加納真実さんです。

加納真実1加納真実1

加納真実2

ひたすら危ない世界を作っていて

すぐに帰ってきました。

それがいいという人もいるんでしょうね。

けっこうな人だかりでしたから。

 

なんだかんだと楽しみました。

ギャラリー芋銭

今日は「ギャラリー芋銭 」について。

郡山ではいくつか喫茶店をめぐったのですが

このギャラリー芋銭(うせん)は素晴らしい雰囲気でした。

 

郡山の西部、逢瀬町にあり、

行く途中も緑豊かでのどかな風景を楽しめます。

入り口など外観から美しさがよくわかります。

ギャラリー芋銭外観

ギャラリー芋銭 玄関

ギャラリー芋銭 庭

古民家の作りの素晴らしさと

花などをアレンジする現代的な要素がマッチして

とても感性を刺激する楽しい場所でした。

ギャラリー芋銭 庭の花

ギャラリー芋銭 花

ギャラリー芋銭 鉢の花

 

もちろんギャラリーですから色々展示があります。

この時は陶器展をやっていました。

ギャラリー芋銭 廊下

ギャラリー芋銭 展示

ギャラリー芋銭 陶器展 

 

そしてカフェタイム。

カフェの場所は別になっていて

木のテーブルで落ち着いて楽しめます。

他のお客さんがいたので

あまり写真はとれませんでしたが

優雅な空間でした。

ギャラリー芋銭 カフェの窓

ギャラリー芋銭 カフェの灯

 

私はコーヒーで家族が抹茶パフェのようなものを注文。

コーヒーはこだわりの石垣島産。

とても美味しかったです。

おまけに石垣島の黒糖チョコレートがついてきました。

私は食べないので家で祖母に渡したら喜んでいました。

ギャラリー芋銭 石垣島コーヒー

ギャラリー芋銭 石垣島黒糖チョコレート

ギャラリー芋銭 抹茶パフェ

 

他にランチなどもあるようですから昼時も楽しそう。

ギャラリー芋銭 メニュー

 

2015年3月ぐらいにリニューアルオープンしたばかりのようで

本当に綺麗でした。

お店の方も親切で丁寧な感じで落ち着ける場所です。

近くにいったらぜひ立ち寄ってみてください。

 

***********************************************************
ギャラリー芋銭
〒963-0212 福島県郡山市逢瀬町河内藤田51−2
024-957-2863
*********************************************************** 

癒し空間さとう珈琲本店

癒し空間さとう珈琲本店」について。

久しぶりに実家に帰省してきました。

東京で暮らしていると狭いのが当たり前ですが

東北は土地が広いからどこいってもノビノビ気分。

久々に羽をのばすことができました。

 

そこで前から気になっていた

癒し空間さとう珈琲本店」に行ってきました。

癒し空間さとう珈琲本店1

 

2014年4月26日にオープンですからまだ1年位でしょうか。

大きな古民家をそのまま使っているようです。

でも綺麗にアレンジされていて老若男女問わない雰囲気。

お客さんがけっこういたのであまり写真はとれませんでしたが

広くて清潔なイメージでした。

癒し空間さとう珈琲本店2

癒し空間さとう珈琲本店3

 

入口付近にオレンジで統一されたパン売り場もあって

おみやげにいいかも。

メニューもコーヒーだけでなくフルーツジュースや

ココア、ケーキをはじめパスタなどもあります。

ランチもやっていてハンバーグやチキンカレーなど

メニューも日によって色々変わるようです。

 

古民家の雰囲気を楽しみながら静かにくつろげました。

また行きたい喫茶店です。

*******************************************************
癒し空間 さとう珈琲本店
福島県 郡山市中野一丁目18番地
024-954-4036
営業時間 7:30 – 22:00
******************************************************* 

京都4-|KENKOES山頂|

京都についての第4回です。

まずは清水寺周辺です。

この日はあいにくの雨でしたが、

茶わん坂というお茶碗などのお店が

たくさん並ぶ坂を登っていきます。

茶わん坂-京都

 

茶わん屋さんがたくさん。

茶わん坂2-京都

 

いよいよ清水寺入り口へ。

清水寺1-京都

清水寺2-京都

 

随求堂です。

清水寺3-京都

お堂の下を菩薩の胎内に見立て

真っ暗な中を壁に巡らされた

数珠だけを頼りに進む

随求堂胎内めぐりを体験してきました。

心の生まれ変わりを体感出来る場所として

2000年に開設以来、人気だそうです。

真っ暗でちょっと怖いですが、

未知の体験で楽しかったです。

清水寺6-京都 

 

清水寺のなかでは、

修復なのか分かりませんが何か建築中でした。

清水寺5-京都

清水寺8京都 

清水寺9-京都

 

ここでも何か修復中。

清水寺10-京都

 

清水寺11-京都

 

そしていよいよ本堂と清水の舞台入り口へ。

清水寺13-京都

 

鉄の錫杖(てつしゃくじょう)と高下駄です。

昔の修験者から奉納された、90kg近い大錫杖と

14kgの高下駄です。

あまりに重いので「弁慶の錫杖と高下駄」

ともいうそうです。

私は高下駄はあがりましたが、錫杖は

ビクともしませんでした・・。

清水寺14-京都

力ありそうな人が挑戦してましたが

やはり動かず・・。

清水寺15-京都

 

本堂の中を見たのですが撮影は禁止。

出世大黒天像はなんとなく可愛らしかったです。

 

そして清水の舞台へ。

清水寺17-京都

清水寺18-京都

清水寺19-京都

遠くまで一望出来ました。

清水寺20-京都

 

清水寺21-京都

清水寺22-京都

清水寺23-京都

 

そこからいったん縁結びの神である

地主神社へ。

神仏分離で寺から独立したものが

多いそうですね。

清水寺25-京都

どれもなんだか若者向けな感じがします。

清水寺27-京都

若いカップルとかにきてほしいんでしょうね。

清水寺29-京都

清水寺30-京都

 

ここから降っていきます。

清水寺31-京都

 

中距離からみる清水の舞台はとても絵になります。

清水寺33-京都

京都タワーも見えていますね。

清水寺34-京都

清水寺36-京都

なんだか精巧なミニチュアみたいですね。

清水寺38-京都

清水寺39-京都

 

清水寺40-京都

清水寺41-京都

清水寺42-京都

清水寺43-京都

お茶屋さんの横を通り

清水寺44-京都

清水寺45-京都

 

自分もちょっと休憩。

舌切り茶屋でお茶と和菓子。

清水寺を堪能しました。

清水寺49-京都

清水寺47-京都

清水寺48-京都

 

ここから清水坂をおりて戻ります。

清水寺53-京都

清水寺55-京都

 

そして三年坂へ。

三年坂1-京都

 

こんな感じの楽しそうなお店がたくさん。

ここは七味唐辛子のお店

おちゃのこさいさい」です。

三年坂2-京都

これはイノダコーヒー本店。

昭和15(1940)年創業の

老舗コーヒー専門店。

町家のような外観とは対照的に、

内部はサロン風。

創業当時からのスタイルを守り、

ネルドリップ式でいれる

コーヒーやケーキが味わえるそうな。
[ぐるなびより引用] 

三年坂3-京都

 

三年坂6-京都

 

坂を逆から見るとこんな感じ。

三年坂5-京都

 

そして二年坂へ。

二年坂1-京都

二年坂2-京都

路地裏なのか横道なのか分かりませんが

こういう道がいい感じでした。

二年坂3-京都

二年坂4-京都

ちょうど京都駅上でよさこいをやっていて

こういった方たちにたまに遭遇しました。

二年坂6-京都

 

そして京都といえば豆腐料理。

きょう坂」でお昼。

二年坂7-京都

古民家を改装した作りで

味があります。

二年坂8-京都

二年坂12-京都

二年坂13-京都

二階からの眺めも面白い。

二年坂10-京都

二年坂11-京都

料理も美味しかったです。

 

最後は京の台所、錦市場へ。

錦市場1-京都

 

和菓子やお惣菜屋さんなどがたくさん。

錦市場2-京都

錦市場3-京都

錦市場4-京都

錦市場5-京都

錦市場7-京都

錦市場8京都

錦市場9-京都

錦市場10-京都

錦市場11-京都

京都の魚屋さんは「川魚」屋というらしい。

錦市場12-京都

錦天満宮でゴール。

錦市場13-京都

錦市場14-京都

 

ざっとこんな感じで京都を満喫しました。

かなり和の雰囲気を堪能でき

よい旅となりました。

大人の今だから、

京都の良さが身にしみる感じです。

 

また近いうちに行きたいと思っています。

京都3-|KENKOES山頂|

 京都についてのお話の第三回。

永観堂は登ったり降りたりの

楽しいところでした。

永観堂1-京都

永観堂2-京都

永観堂3-京都

永観堂-京都

永観堂5-京都

永観堂6-京都

 

ここからだんだん上へ登っていきます。

永観堂7-京都

永観堂8-京都

永観堂9-京都

永観堂10-京都

 

重要文化財「みかえり阿弥陀如来」を見る。

撮影禁止のため写真がないのが残念。

永観堂11-京都

永観堂12-京都

永観堂13-京都

永観堂14-京都

永観堂14-京都

永観堂15-京都

永観堂16-京都

永観堂17-京都

永観堂18-京都

eikando19.JPG

eikando20.JPG

 

そのまま、ほぼ同じ敷地内で

すぐ近くにある南禅寺へ。

南禅寺1-京都

南禅寺2-京都

 

ここが三門で、拝観料を払って上に登れます。

南禅寺3-京都

南禅寺4-京都

南禅寺5-京都

南禅寺6-京都

南禅寺7-京都

南禅寺8-京都

南禅寺9-京都

 

現在も水源として使われている

疎水の一部である水道橋

赤レンガの古びた感じが歴史を

感じさせます。

南禅寺10-京都

南禅寺11-京都

南禅寺12-京都

 

そして南禅院へ。

京都の三名勝史跡庭園の一つで

亀山天皇の離宮の遺跡です。

南禅寺14-京都

南禅寺15-京都

南禅寺16-京都

南禅寺17-京都

南禅寺18-京都

南禅寺19-京都

南禅寺20-京都

南禅寺21-京都

南禅寺22-京都

南禅寺23-京都

 

ここから最勝院へ。

最勝院駒道智大僧正の霊地です。

南禅寺24-京都

南禅寺25-京都

 

縁結びの松

南禅寺26-京都

 

南禅寺と永観堂は、若いお坊さんが

たくさん案内係をしていて

観光客も多くひっそりと楽しむものでは

ないですが、メジャーなので

一度は見ておいてもよいかもしれません。

 

個人的には永観堂の門からの

景色がよかったです。

次は清水寺へ。