カテゴリー別アーカイブ: 歴史

京都4-|KENKOES山頂|

京都についての第4回です。

まずは清水寺周辺です。

この日はあいにくの雨でしたが、

茶わん坂というお茶碗などのお店が

たくさん並ぶ坂を登っていきます。

茶わん坂-京都

 

茶わん屋さんがたくさん。

茶わん坂2-京都

 

いよいよ清水寺入り口へ。

清水寺1-京都

清水寺2-京都

 

随求堂です。

清水寺3-京都

お堂の下を菩薩の胎内に見立て

真っ暗な中を壁に巡らされた

数珠だけを頼りに進む

随求堂胎内めぐりを体験してきました。

心の生まれ変わりを体感出来る場所として

2000年に開設以来、人気だそうです。

真っ暗でちょっと怖いですが、

未知の体験で楽しかったです。

清水寺6-京都 

 

清水寺のなかでは、

修復なのか分かりませんが何か建築中でした。

清水寺5-京都

清水寺8京都 

清水寺9-京都

 

ここでも何か修復中。

清水寺10-京都

 

清水寺11-京都

 

そしていよいよ本堂と清水の舞台入り口へ。

清水寺13-京都

 

鉄の錫杖(てつしゃくじょう)と高下駄です。

昔の修験者から奉納された、90kg近い大錫杖と

14kgの高下駄です。

あまりに重いので「弁慶の錫杖と高下駄」

ともいうそうです。

私は高下駄はあがりましたが、錫杖は

ビクともしませんでした・・。

清水寺14-京都

力ありそうな人が挑戦してましたが

やはり動かず・・。

清水寺15-京都

 

本堂の中を見たのですが撮影は禁止。

出世大黒天像はなんとなく可愛らしかったです。

 

そして清水の舞台へ。

清水寺17-京都

清水寺18-京都

清水寺19-京都

遠くまで一望出来ました。

清水寺20-京都

 

清水寺21-京都

清水寺22-京都

清水寺23-京都

 

そこからいったん縁結びの神である

地主神社へ。

神仏分離で寺から独立したものが

多いそうですね。

清水寺25-京都

どれもなんだか若者向けな感じがします。

清水寺27-京都

若いカップルとかにきてほしいんでしょうね。

清水寺29-京都

清水寺30-京都

 

ここから降っていきます。

清水寺31-京都

 

中距離からみる清水の舞台はとても絵になります。

清水寺33-京都

京都タワーも見えていますね。

清水寺34-京都

清水寺36-京都

なんだか精巧なミニチュアみたいですね。

清水寺38-京都

清水寺39-京都

 

清水寺40-京都

清水寺41-京都

清水寺42-京都

清水寺43-京都

お茶屋さんの横を通り

清水寺44-京都

清水寺45-京都

 

自分もちょっと休憩。

舌切り茶屋でお茶と和菓子。

清水寺を堪能しました。

清水寺49-京都

清水寺47-京都

清水寺48-京都

 

ここから清水坂をおりて戻ります。

清水寺53-京都

清水寺55-京都

 

そして三年坂へ。

三年坂1-京都

 

こんな感じの楽しそうなお店がたくさん。

ここは七味唐辛子のお店

おちゃのこさいさい」です。

三年坂2-京都

これはイノダコーヒー本店。

昭和15(1940)年創業の

老舗コーヒー専門店。

町家のような外観とは対照的に、

内部はサロン風。

創業当時からのスタイルを守り、

ネルドリップ式でいれる

コーヒーやケーキが味わえるそうな。
[ぐるなびより引用] 

三年坂3-京都

 

三年坂6-京都

 

坂を逆から見るとこんな感じ。

三年坂5-京都

 

そして二年坂へ。

二年坂1-京都

二年坂2-京都

路地裏なのか横道なのか分かりませんが

こういう道がいい感じでした。

二年坂3-京都

二年坂4-京都

ちょうど京都駅上でよさこいをやっていて

こういった方たちにたまに遭遇しました。

二年坂6-京都

 

そして京都といえば豆腐料理。

きょう坂」でお昼。

二年坂7-京都

古民家を改装した作りで

味があります。

二年坂8-京都

二年坂12-京都

二年坂13-京都

二階からの眺めも面白い。

二年坂10-京都

二年坂11-京都

料理も美味しかったです。

 

最後は京の台所、錦市場へ。

錦市場1-京都

 

和菓子やお惣菜屋さんなどがたくさん。

錦市場2-京都

錦市場3-京都

錦市場4-京都

錦市場5-京都

錦市場7-京都

錦市場8京都

錦市場9-京都

錦市場10-京都

錦市場11-京都

京都の魚屋さんは「川魚」屋というらしい。

錦市場12-京都

錦天満宮でゴール。

錦市場13-京都

錦市場14-京都

 

ざっとこんな感じで京都を満喫しました。

かなり和の雰囲気を堪能でき

よい旅となりました。

大人の今だから、

京都の良さが身にしみる感じです。

 

また近いうちに行きたいと思っています。

京都3-|KENKOES山頂|

 京都についてのお話の第三回。

永観堂は登ったり降りたりの

楽しいところでした。

永観堂1-京都

永観堂2-京都

永観堂3-京都

永観堂-京都

永観堂5-京都

永観堂6-京都

 

ここからだんだん上へ登っていきます。

永観堂7-京都

永観堂8-京都

永観堂9-京都

永観堂10-京都

 

重要文化財「みかえり阿弥陀如来」を見る。

撮影禁止のため写真がないのが残念。

永観堂11-京都

永観堂12-京都

永観堂13-京都

永観堂14-京都

永観堂14-京都

永観堂15-京都

永観堂16-京都

永観堂17-京都

永観堂18-京都

eikando19.JPG

eikando20.JPG

 

そのまま、ほぼ同じ敷地内で

すぐ近くにある南禅寺へ。

南禅寺1-京都

南禅寺2-京都

 

ここが三門で、拝観料を払って上に登れます。

南禅寺3-京都

南禅寺4-京都

南禅寺5-京都

南禅寺6-京都

南禅寺7-京都

南禅寺8-京都

南禅寺9-京都

 

現在も水源として使われている

疎水の一部である水道橋

赤レンガの古びた感じが歴史を

感じさせます。

南禅寺10-京都

南禅寺11-京都

南禅寺12-京都

 

そして南禅院へ。

京都の三名勝史跡庭園の一つで

亀山天皇の離宮の遺跡です。

南禅寺14-京都

南禅寺15-京都

南禅寺16-京都

南禅寺17-京都

南禅寺18-京都

南禅寺19-京都

南禅寺20-京都

南禅寺21-京都

南禅寺22-京都

南禅寺23-京都

 

ここから最勝院へ。

最勝院駒道智大僧正の霊地です。

南禅寺24-京都

南禅寺25-京都

 

縁結びの松

南禅寺26-京都

 

南禅寺と永観堂は、若いお坊さんが

たくさん案内係をしていて

観光客も多くひっそりと楽しむものでは

ないですが、メジャーなので

一度は見ておいてもよいかもしれません。

 

個人的には永観堂の門からの

景色がよかったです。

次は清水寺へ。

京都2-|KENKOES山頂|

京都についてのお話。

銀閣寺を後にしたのち、

哲学の道をひた走り、

哲学の道-京都

 

法然院へ。

門の風景が有名なところです。

小規模ですがとても落ち着くところでした。

アットホームな感じも好印象です。

法然院-京都

法然院2-京都

法然院3-京都

法然院4-京都

法然院5-京都

法然院6-京都

法然院7-京都

法然院8-京都

法然院9-京都

法然院10

法然院11-京都

法然院12-京都

法然院13-京都

法然院14-京都

法然院16-京都

 

そこからすぐ近くにある安楽寺へ。

ここも大きなお寺ではありませんが、

庭園が素晴らしいところなのです。

私も一時間ほど庭園の紅葉を見つめ

瞑想しました。

安楽寺1-京都

安楽寺2-京都

安楽寺3-京都

 

 

こちらの本堂では、一時間ごとに

お寺の歴史を説明してくれます。

若いお坊さんが一時間ごとに中を

まわって声をかけてくれます。

私は瞑想をゆっくりしていたかったので

聞きませんでしたが、

後で見たらたくさんの人がいました。

安楽寺4-京都

 

ここからが庭園のあるお部屋です。

安楽寺6-京都

 

 

ここでゆっくりと瞑想しました。

安楽寺9-京都

安楽寺10-京都

 

ここではお茶が飲めるようですが

あいにく貸し切り状態でした。

安楽寺11-京都

安楽寺12-京都

安楽寺13-京都

 

ここからまた哲学の道を南下します。

哲学の道2-京都

哲学の道3-京都

 

途中で人だかりが。

何かとのぞいてみたら

若王子1-京都

 

ぬいぐるみじゃなくて本物の猫がたくさん!

若王子2-京都

若王子3-京都

 

若王子はかつて喫茶店だったようですが、

今は廃業して普通の住居として利用されてる

ようです。

 

ここから次は南禅寺に移動しますが

それはまた次回に。

 

 

京都1-|KENKOES山頂|

京都についてのお話。

高校生の修学旅行で行ったきりの京都。

20年ほど経ってようやく再び行くことに。

ずいぶん経ったなぁと感慨深いです。

一泊二日なのでササッとですが、

紅葉や寺、歴史ある風景を楽しめました。

 

初日は電動レンタサイクルを借りて

京都の象徴のような鴨川沿いをひた走り、

鴨川-京都

 

銀閣寺へ。

銀閣寺に続く道、銀閣寺道は

けっこう色々なお店がある面白い

場所でした。

銀閣寺道1-京都

銀閣寺道2-京都

銀閣寺道6-京都

銀閣寺道3-京都

 

 

そこから進むと銀閣寺の入り口へ。

銀閣寺入り口-京都

銀閣寺門-京都

銀閣寺庭園道-京都

 

銀閣寺はやはり静かな雰囲気の中に

繊細さや力強さを漂わせていて

いいエネルギーをもらいました。

京都の代表的な場所かもしれませんが

久しぶりならぜひいってみてください。

銀閣寺1-京都

 

銀沙灘(ぎんしゃだん)

向月台(こうげつだい)も和の美しさが

ありよい刺激になりました。

銀沙灘-京都

向月台-京都

 

庭園からみる銀閣寺もよかったです。

銀閣寺3-京都

 

少し歩くと東求堂が。

東求堂-京都

 

庭園から登って行くと

銀閣寺庭園2

 

みはらしのよいところから銀閣寺。

銀閣寺4-京都

 

お茶の井(義政公お茶用の湧水)もちょろちょろと。

現在も湧水をお茶会に使っているそうです。

京都でお茶っていい響きです。

お茶の井-京都

 

更にすこし登っていくと

銀閣寺の一番の絶景が見れました。

銀閣寺5-京都

銀閣寺6-京都

銀閣寺7-京都

銀閣寺8-京都

 

庭園もよい雰囲気で京都の秋の散歩を

楽しめました。

銀閣寺庭園3-京都

銀閣寺庭園4-京都

 

下りながらまた違う角度から銀閣寺。

銀閣寺9-京都

銀閣寺10-京都

 

最後はおみやげ屋とお茶のお店が。

銀閣寺お茶とおみやげ-京都

 

門から見下ろした銀閣寺道。

銀閣寺道5-京都

 

銀閣寺はここだけでもかなり楽しめます。

ぜひ時間をかけて巡ってみてください。

次は法然寺などの京都旅行記後半を。

日本の七十二候を楽しむ-|KENKOES山頂|

今日は「日本の七十二候を楽しむ

という書籍を紹介したいと思います。

 

私は寒い冬は嫌いですが、それでも

日本の四季を愛しています。

冬にしか感じることができないこと

夏にしか味わえないこと

たくさんあります。

 

厳密には、日本には二十四の節気

七十二もの季節

七十二候-しちじゅうにこう)

があるそうです。

 

一年を四等分した四季

二十四等分した二十四節気

そして七十二等分した七十二候。

 

旧暦には、旬の魚や野菜、果物、

季節の花や鳥、暮らしの行事を楽しむ風習が

ありました。

木の芽起こし初がつお土用のうなぎ
秋の七草羽子板市晦日正月

土用のうなぎなどは今でも広く残っている

風習ですね。

 

日本人として生まれて

日本に住んでいるからには

おもいきり日本の四季や自然、

食べ物を楽しみたいもの。

 

ほんわかとしたイラストも入っていて、

見ているだけで和めそうな、

おすすめの本です。

七十二候

七十二候

「竹むら」の揚げまんじゅう-|KENKOES山頂|

たまにお茶の水近辺に

用事があっていくんですが、

そこら辺に、老舗の甘味処があると

最近知り、今日、足を運んでみました。

 

竹むら」というお店です。

創業は1930年(昭和5年)。

店舗が「東京都選定歴史的建造物」となっており、

古い木造日本家屋です。

 

池波正太郎も通っていたそうで、

著書「鬼平犯科帳」に竹むらも登場したそう。

 

また、仮面ライダー響鬼で「甘味処たちばな

としてロケ地に選定されています。

けっこうメディアに登場してますね。

 

メニューにはぜんざい、しるこ、

くずもち、あんみつなどがあります。

夏にはかき氷もあるようです。

揚げまんじゅうが有名ということで、

お土産に買ってかえりました。

 

店内も落ち着いた木の空間で、

年配の方がやや多め。

昭和の時代を感じさせる、

老舗甘味処の静かなたたずまい。

座敷席もあり、

足を伸ばしてくつろげそうでした。

 

店内の写真も撮りたかったんですが、

残念ながら撮影禁止とのこと。

なので写真は、外観と甘味のみです。

すこーし気分転換になりました。

*****************************

竹むらの店舗情報:
営業時間 11:00~20:00
東京都千代田区神田須田町1-19
淡路町駅から徒歩3分
03-3251-2328

*****************************

残念ながら全面喫煙可能です。

竹むら

竹むら

竹むら名物 揚げ饅頭

竹むら名物 揚げ饅頭